Perl/CGIプログラムを組む上で、知っておくと便利な知識や使うと便利なツールなどをまとめてみました。

文字化け対策
せっかく作ったPerl/CGIプログラムが文字化けしていたらショックですよね。
実際の文字化け発生例と、その対策をいくつか紹介しています。
進数間変換
2進数・8進数・10進数・16進数の間で値を相互に変換してくれるPerl/CGIを公開しています。
2進数や16進数などの知識がなくても簡単に相互変換できます。
16進数変換
指定した文字の16進数コードを調べてくれるPerl/CGIプログラムです。
Shift_Jis、EUC、UTF-8の3種類の文字コードに対応しています。
URLエンコードの解説
URLエンコードの仕組みについて解説しています。
Shift_Jis、EUC、UTF-8の3種類の文字コードの文字や記号を簡単にURLエンコードできるおもちゃも公開しています。
数値文字参照
HTML表示をする際、半角文字のみで全角文字を表現する方法を解説しています。
文字化け対策にもなります。
コンテンツタイプの解説
コンテンツタイプの解説ページです。
コンテンツタイプを調べる方法や、一覧表もあります。
文字数をかぞえる
指定されたテキスト文書の文字数をかぞえます。