ユーチューバーを目指す人の動画の作り方

2019年3月7日

ユーチューバーとは、ユーチューブにアップロードされた動画だけで生活できる人のことを言います。

まぁ厳密に決まっているわけではないので、人によってあいまいなんですが、ここではユーチューバーを上記のように定義しておきます。
仮に毎日動画をユーチューブにアップロードしてたとしても、その動画だけでは生活できない人は、ここではユーチューバーとはいいません。
ユーチューバー=「ユーチューブの動画だけで生活できる人」と言った方がなんとなくかっこいいですからね。

さらに、ユーチューバーの中でも億を稼ぐ人のことを「プロユーチューバー」とぼくはひそかに呼んでいます。
プロ野球選手みたいでかっこいいでしょ(笑)。

ぼくのユーチューブ活動


ぼくは気が向いた時だけユーチューブに動画を上げているだけの人なので、ユーチューバーではありませんし、仮になれたとしても全盲でユーチューバーはかなりきついと思います。
なのでタイトルはつりですね(笑)。
それどころかやっと最近、動画編集できるようになったので、レベル1からレベル2に上がったかんじです(笑)。

それまでは一発撮りで動画を上げていました。

1、動画撮影
2、ユーチューブにアップロード

みたいな(笑)。
もちろん動画編集もやりたかったんですが、目が見えていないぼくにはちょっとハードル高かったんです。
個人が暇つぶしに撮っているので、いちいち他人に動画の編集を依頼するのもなんだし…。
仮に編集を依頼して作ってもらったとしても、自分のイメージと違うからという理由でリテイクを出すのも心苦しいだろうし…。
そうなるとやっぱり「自分で動画編集できなきゃ話にならない」と思っていましたからね。

そんな妙なプライドがあったおかげで、時間はかかりましたが、ぼくのような全盲の視覚障害者でも、やっと動画の編集ができるようになりました。
この気持ちはきっと目が見える人には絶対わからないと思います。

本当のユーチューブ


さて、動画編集できるようになると、ユーチューブに対する考え方も変わります。

今まではどんなことでもいいから、なんとか頑張って一発撮りで動画を撮影したら、その感動とともにユーチューブにアップロードして終わりでした。
でも、撮影とアップロードの間に動画編集作業が入ることにより、見せ方を考えるようになったんです。

たとえば、何か一つの物事を紹介するだけにしても、どの部分を見せてどの部分を見せないのか。
今までは動画編集できませんでしたから、問答無用ですべてを見せるしかなかったわけですが、自分で動画編集できるようになって「どの部分を隠すのか」をすごく意識するようになりました。

自分の世界を創る


ユーチューバーのヒカキンさんは、自分のユーチューブチャンネルのことを「ヒカキンTV」と言っています。
最初ぼくはこの意味が分かりませんでした。
いや、ヒカキンさんが情報発信しているテレビみたいなメディアだからとか、なんとなく言いたいことはわかるんです。
でも自分の中で、いまいちしっくりこなかったんです。

ところが、実際に自分で動画を編集するようになって、やっとその意味が分かったような気がしました。
あれはおそらく、ヒカキンという世界を見せるメディアなんです(たぶん)。
うまくは説明できませんが、ぼくたち視聴者はヒカキンTVを見ることにより、ヒカキン界をガイドされてるんです(たぶん)。
最近は、ヒカキンさんの動画を見るたびにそんなことを考えています。

ユーチューブ動画のポイント


最後に、これからユーチューブ動画を作る人に向けてのアドバイスをしたいと思います。
ユーチューブ動画は以下のことを意識して作りましょう。

1、元気になること
2、面白いこと
3、役に立つこと
4、他にはないこと
5、人に話したくなること
6、もう一度見たくなること


すべてを踏まえる必要はありませんが、最低でも1つは満たすものにしましょう。

1の「元気になること」というのは…。
視聴者さんがあなたの動画を見たときに、元気をもらえるような動画にしましょうということです。

2の「面白いこと」というのは…。
そのままですね、自分が面白いと思ったことでいいので、なるべく面白くて楽しいものにしましょう。

3の「役に立つこと」というのは…。
なるべく視聴者さんの役に立つ動画にしましょうということです。

4の「他にはないこと」というのは…。
単純に他人と同じことをやると比べられてしまうので、たとえ同じ題材の動画でもあなた独自のスパイスを利かせましょう。

5の「人に話したくなること」というのは…。
視聴者さんが誰かと会話をする際のネタとして話してもらえるような内容の動画にしましょうということです。

6の「もう一度見たくなること」というのは…。
一度見た視聴者さんが、もう一度二度見たくなるような動画にしましょうということです。

以上がユーチューブ動画を作る際、ぼくが気を付けていることです。
気が向いた時にしか動画をアップしないので、ほとんど参考にはなりませんが(苦笑)。

チャンスをつかめる人とつかめない人

2019年3月2日

ビジネスの世界では、「チャンスの神様に気に入られたければ前髪をつかめ」だったっけ?
そう言われています。
なんか違うような気がしてきましたが、まぁいいでしょう!

ようするに「チャンスは一瞬で通り過ぎるから、その一瞬を逃がすな」みたいな意味です。

ぼくはこう見えても石橋を叩いて渡るタイプなので、動物的感性で自分が乗るべきチャンスを見極め、思い切って行動に移すというのがめちゃめちゃ苦手なんですが…。
そんなぼくですが、なるべく大失敗しないようにはしているつもりです。

昨日ある人から相談分をいただきました。
相談内容は「全盲プログラマーとしてやっていくにはどうすればよいか?」みたいなことでした。
ぼくのホームページを見て、お問い合わせページから相談分を送ってくれました。

名前もチャーリーとかふざけた名前じゃなくて(本名がチャーリーさんすいません)。
内容もかなりまじめでそのまま削除するのもかわいそうだったので、「正直面倒だなーー」と思いながらも1時間ぐらいかけてお返事を書きましたよ(頑張った頑張った)。
そして書かれていたメールアドレスに返信し、「よっしゃー、今日のぼくはいいことをした!」と満足して電子メールソフトを閉じようとしたんですが、そのとき事件が起こりました。

その事件とは、さっき送ったはずの電子メールがエラーメールとなって戻ってくるんです!
なんで!
1時間もかけて書いたのに!

ここで電子メールアドレスをすべてさらすわけにはいかないので、ドメイン部分だけ公開すると「icloud.com」というアイクラウドのものです。
心当たりのある人はいますか?
あなたですよあなた(笑)。

そもそもお問い合わせページで入力した電子メールアドレスが間違っていたのか?
入力した電子メールアドレスは正しかったとしても、アイクラウドのメールサーバーがぼくのメールを拒否したのか?

とにかくなんでメールが送れなかったのかはわかりませんが、結果としてお返事できませんでした。
みごとにぼくの1時間は無駄となり…。
わざわざメールで相談してくれた人も、「結局ぼくから返事はもらえないかー」と思っていることでしょう。
残念です。

教訓!
自分が絶対この人とやり取りしたいと思ったら、連絡先は複数書いておきましょう!
なるべく失敗を減らすことが成功への近道ですよ。

最後に一言!
ぼくの貴重な1時間をかえせ!

httpからhttpsにした方がいい理由

2019年2月18日

やっとホームページとブログのリニューアルがほぼ終わりました。
なので今回はテストもかねてブログリニューアル後の初投稿になります。
大変でした(まだ全部終わってないけど…)。

なぜわざわざそんなめんどくさいことやらなきゃならんのかというと…。
ひますぎて死にそうだから?じゃなくて…。
なんとなく…最近のインターネットの流行に乗ってみたかったからです(ちゃらい)。
ぼくだってこの話を知った直後はですね。
「そんなめんどくさいこと誰がやるんだぃ?」
「ぼくにはそんなことしてる時間はないよ!」
とか思ってました。

でもですね、毎日アクセスするグーグルの検索結果ページに表示されるサイト群が少しずつ変わっていくにつれて…。
ぼくのお気に入りに登録されているウェブサイトが少しずつ変わっていくにつれて…。
「ぼくも変えなきゃヤバイんじゃねー!?」
という気持ちになりまして、ついについにあきらめてぼくもホームページとこのブログをリニューアルする運びとなったわけです(我ながら実にちゃらい)。
さすが流されやすい日本人!

具体的にどんなことをしたのかといいますと…。
通信方式を変更しました!
これだけ書いてもわからないと思うので、もっとわかりやすく説明しましょうか。
今まではホームページとブログのアドレス(URL)の左側に書かれていたのが「http」だったんですが、それを今回時間と手間をかけて「https」にしました。

じゃあ、「http」と「https」では何が違うのかといいますと…。
ぼくもこのあたりの技術文書をガッツリ読んだことがないので細かいことは書けませんが…。
ようするに「http」から「https」にすることによりセキュリティー面が強化されるのだそうです。

つい最近まではどこのサイトも「http」を当たり前に使っていました。
「https」が使われていたのは、せいぜい商品を購入するときなどに入力する個人情報のページぐらいでした。
「https」を使うと、スマートホンなどのあなたの端末とホームページ(インターネットサーバー)との間での通信が暗号化され、他の人から盗み見られにくくなるのです。
だったら、最初からすべてを「https」にすればいいような気もしますが、そううまくはいかないんです。
「https」はデータを暗号化するという性質上、インターネットサーバーに負荷をかけます。

ホームページのアクセス数に対してどのぐらいまで負荷をかけてもいいかという問題は、かなり重要なことなんですが…。
インターネットサーバーマシンの性能の向上や、昨今のセキュリティー事情などから、もうすべてを「https」にしてしまおうと考える人が増えてきたんですね。
さらに、そんな流れに拍車をかけるように、グーグルのインターネット閲覧ソフト(ウェブブラウザ)のグーグルクロームが「http」で表示されたホームページに対して、このページは安全ではないというようなメッセージが出るようにしたんです。
さすがグーグル様、このへんのやり方はうまいですね。

ホームページ作成者は、アクセス数を伸ばしたいという下心を持っています(まるみえですが)。
このようなグーグルの戦略とホームページ作成者のまるみえの下心に支えられ、ホームページを「https」にする流れは今も続いています。

ここまでは百歩譲ってよしとしても、大変なのはぼくのような現場の人です。
もう一度書きますが、本当に大変でした(苦笑)。
サイトによっては「.htaccess」ファイル1つで済む場合もあるんですが…。
ぼくのホームページの場合はそう簡単にはいかず、ウェブページを書き出すコンテンツ管理システムの設定を、わざわざ1から設定しなおす必要がありました。

だったらついでにサイト構成も変えようということになりまして(自分の中で)。
ホームページ内容を見直して、かなりのページを削りました。
以前は無駄に百ページ以上ありましたからね(苦笑)。
でもこれで各カテゴリというかジャンルがわかりやすくなったので、新しいことも追加できるようになりました。

このブログも引っ越したので、新たな気持ちで書いていこうと思います。