InputCheck関数

「#--InputCheck」で検索すると確実にヒットします。

この関数は、入力されたRSS情報の中で最低限必要な項目をチェックします。

RSSファイルを作成または更新するのに最低限必要な情報というのは、チャンネルおよびアイテムのタイトル(title)、リンク先(link)と概要(description)です。

それ以外の情報はあってもなくてもかまいませんが、この3つはRSSを公開する以上、最低限必要な情報ですのでこの関数でチェックをかけます。

引数は、タイトル(title)、リンク先(link)と概要(description)の要素を持った連想配列リファレンス。

戻り値は、チェックに問題なければ(上記3種に何らかの入力がされていれば)空の値を返し、何らかの問題があればエラーメッセージを返します。

それでは処理の流れを見ていきましょう。

チェック

チャンネルでもアイテムでも、タイトル(title)、リンク先(link)と概要(description)の要素を持った連想配列リファレンス「$input」をチェックするわけですから以下のようにすれば簡単です。

for ('title', 'link', 'description') {
if ($input->{$_} eq '') {
$message = 'Input Error : ' . $_;
last;
}
}

何も入力されていない項目があれば、エラーメッセージを作成しループを強制終了させます。

return $message;

ループが終了すると、エラーメッセージがあってもなくても、エラーメッセージ用の変数を返して関数終了です。